TMU2020 伝道講座Ⅱ 第2回 文化プログラムは何のために:心身の調和か盛り上げか?

Play List

  • 1/4

    1/4
    0:22:23

  • 2/4

    2/4
    0:29:24

  • 3/4

    3/4
    0:17:40

  • 4/4

    4/4
    0:25:01

Lecture Description

IOC のオリピック憲章に定められているように、オリンピックは、スポーツと文化を通して、心身ともに調和のとれた若者を育て、平和な世界の構築に寄与しようとする教育運動であり平和運動なのです。これをオリンピズムと呼びます。 このため、オリンピックは競技だけでなく芸術も競技されたり、展示されたりしてきた歴史があります。現在では開催国の文化一般の紹介も含めた文化プログラムと変わってきています。では、これまで芸術競技や芸術展示、あるいは文化プログラムはどのように行われてきたのでしょう。開会式・閉会式を盛り上げるためのものでしょうか? これらを振り返り、そこから東京2020 大会の文化プログラムの在り方を皆さんと一緒に構想してみましょう。

オープンユニバーシティー

  • Date: 2017年10月30日
  • Field: 芸術
  • Target: シニア
label_cc_by_nc_sa

Speaker

Lectures on the same course

2017 Olympic and Paralympic Mission Course
  • TMU2020 伝道講座Ⅱ 第4回 環境プログラム:どのような課題が?
    TMU2020 伝道講座Ⅱ 第4回 環境プログラム:どのような課題が?
  • TMU2020 伝道講座Ⅱ 第3回 ボランティア:どんな仕事?どのように準備?
    TMU2020 伝道講座Ⅱ 第3回 ボランティア:どんな仕事?どのように準備?
  • TMU2020 伝道講座Ⅱ 第1回 環境プログラム:オリンピズムとは:オリンピックの教育運動・平和運動
    TMU2020 伝道講座Ⅱ 第1回 環境プログラム:オリンピズムとは:オリンピックの教育運動・平和運動

Related Lecture

  • オリンピック文化論 第6回 大学連携のイニシアティブ:東京の公立大学である首都大学は2020年大会にどのような貢献ができるか?
    オリンピック文化論 第6回 大学連携のイニシアティブ:東京の公立大学である首都大学は2020年大会にどのような貢献ができるか?
  • オリンピック文化論 第4回 オリンピックと政治
    オリンピック文化論 第4回 オリンピックと政治
  • 第3回 オリンピックと芸術:心身の調和のとれた若者教育
    第3回 オリンピックと芸術:心身の調和のとれた若者教育
  • オリンピック文化論 第9回 商業五輪の台頭:ピーター・ユベロスと1984年ロス方式、そしてサマランチ戦略
    オリンピック文化論 第9回 商業五輪の台頭:ピーター・ユベロスと1984年ロス方式、そしてサマランチ戦略
  • オリンピック文化論 第2回 近代オリンピックの始源
    オリンピック文化論 第2回 近代オリンピックの始源
  • 第2回 オリンピックと人権:オリンピックで差別が?
    第2回 オリンピックと人権:オリンピックで差別が?