化学の立場からエネルギー問題を考える 〜再生可能エネルギーとしての太陽光の有効活用〜(分子応用化学コース)
平成27年度 オープンキャンパス模擬授業

映像

講義情報

持続可能な社会を構築するための方策の一つとして、再生可能エネルギーとしての太陽光の有効利用が挙げられます。本講義では、はじめに植物の光合成の役割を考えます。そして、化学という学問の立場から、どのように太陽光エネルギーを利用可能なのかについて、最先端の研究開発の状況について講義します。

※この授業はオープンキャンパスにて行われており、通常の授業とは内容が異なります。

収録日: 2015/07/19

教員: 高木 慎介

模擬授業
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス